管理人:あやの☆

あやの☆

Author:あやの☆
お金を使って買うなら絶対に失敗したくない! 日々研究に研究を重ね、世の中のいいものだけを買いあさっています。

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 インテリアブログ キッチンインテリアへ


楽天マニア
 
インテリア・掃除・料理など アイデアで生活を幸せに♪ すてき生活メモのRSSフィード
カテゴリ

お役立ちサイト紹介
↓探したい文字を入力してね↓
今一番 気になるもの!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いつも応援ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

さよなら水耕栽培。 私が無農薬栽培へ転身した理由

長く旅行に行っていた割には持ちこたえてくれたベランダ栽培!
手入れをさぼっていたため、最近のベランダはすごいことになっていました…


>天使のトマト

もう枯れっ枯れ!!

まだまだミニトマトを楽しみたい私は、この苗にムチ打ってもう少し頑張ってもらおうと思ってます。
そのため、枯れた葉っぱを丁寧に取り除いてちょっとスッキリさせました。

>天使のトマト

ちょっと枝がヒョロヒョロしてるけどさっぱりしました。


上の方はどうなっているかというと、思ったより伸びてません。

>天使のトマト

2013年8月 今年の天使のトマト。

なんかもっと2年前は伸びてた気がして、写真を探してみました。
やはり、今年のとは成長具合に大きな差が…

>天使のトマト

2011年8月の天使のトマト


…どうしてこんなに違いが出るのか。
そういえばと思いだしたんですが、2011年は水耕栽培で使う「ハイポニカ液肥」を使っていたのが良かったのかもしれません。

…しかし、私としては水耕栽培はもうやらないつもりです。。
その理由はというと、

「水耕栽培は無農薬栽培だといえないから」です。

どうせ、手作りで野菜を作るなら、安全で美味しくて栄養のあるものが作りたいと思っていて、水耕栽培するということは、「人間が作った肥料(栄養)を使って育てる」ということだと思うんです。

今は土が痩せていて十分な栄養が少ないかもしれないけど、土の中の栄養素は多分もっと複雑で、まだ発見されてない栄養素だってきっとあるんじゃないかな…と思ってます。。(素人判断ですが^^;)

…こんなずぼらなベランダ菜園で、えらそうなこと言えませんが、、
今目指すは、無農薬の美味しい野菜作りに夢中な私です♪

無農薬野菜の道、ちょっと勉強してみようと思います!
お読み頂き、ありがとうございました☆



■関連リンク■
■スーパーでは出回っていない家庭菜園向き品種 極甘 天使のトマト
■BOOK 無農薬野菜づくりの新鉄則 [ 山下一穂 ]




スポンサーサイト




いつも応援ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


Date: 2013.08.22 Category: 水耕栽培 Comments (0) Trackbacks (0)

私流☆自作の水耕栽培装置

水耕栽培といえば、このページ「いつでもレタス」さんが有名だと思うのですが、
私もいつでもレタスさんの写真を見て研究し、様々な水耕栽培装置を試作していました。。


その結果、今のところ一番簡単な水耕栽培装置の作り方が固まってきたので、まとめます☆
とりあえず、いつでもレタスさんと同じように種を発芽させます。

水耕栽培 装置開発!

切ったスポンジに水を含ませ種をまきます。



水耕栽培 装置開発!

スポンジの底から根が出て、葉が大きくなるまで水やりします。



水耕栽培 装置開発!

100均で買ったドリンクカップの底に穴を開けます。



水耕栽培 装置開発!

下から育てた苗をコップの穴に差し込みます。



水耕栽培 装置開発!

スポンジが隠れるように土を入れます。


水耕栽培 装置開発!

最後にコップに合った空き缶に入れて完成!

あと、水やりは、ハイポニカ液肥を缶に入れています。(めんどくさいときは上からやることもw)

それから、空き缶は、コップが底に付かないものがいいと思います。
根が腐ってしまう恐れがあるので、根だけ水につける状態にして、スポンジが常に水に漬からないようにしたほうがいいです。
底にほんの少し水が溜まっている状態がベストだと思われます。

ちなみに、偶然ぴったり収まった缶は今のところ「トマト缶」です(笑)

なぜこの方法かというと、育成していると必ず藻が生えてくるのですが、これが非常に厄介なのです。。
見た目も悪いし、掃除が大変でした。
缶に入れたことによって、日光が遮られて藻の発生が無いのと、水やりした水がコップで邪魔されて逃げにくいので、
水やりの回数が減ってハイポニカ液肥を節約できますw

ハイポニカ液肥はいろんな園芸店を回ったけど置いてないんですよね。。
ネットでしか購入できないので、出来るだけ節約したいのです。。

ハイポニカ液肥と似た名前のものはあるんですが、それとは中身が違うので水耕栽培に向いてないそうです。


藻の掃除が面倒、、手軽に水耕栽培を続けたいならぜひ試してみてください!
大量生産には向いてませんが、苗の移動もできるのでかなりおすすめな方法です☆



■関連リンク■
■ハイポニカ肥料500ミリリットルセット
■いつでもレタス (水耕栽培のサイト)





いつも応援ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


Date: 2011.11.17 Category: 水耕栽培 Comments (0) Trackbacks (0)

ネギの再生栽培を水耕栽培で試すの巻

買ってきたネギの根元を土に刺して、再生栽培を試みているのですが、
だいぶん成長したので写真を撮りました。。

ちなみに植えたときは↓のような状態でした。

水耕栽培中の再生栽培

少しだけ芽が出てる状態でした。。

ちなみに、私の水やりは水耕栽培に使うハイポニカ液肥を使って栄養を与えております。

水耕栽培中の再生栽培

ええ、枯れましたとも・・・

そうなんです。枯れちゃったんです(笑)
水のあげすぎだったのかな・・・。他のネギは立派に育ったんですがね。

立派に育ってくれたネギが美味しそうになってきたので、収穫して食べようともくろみ中です☆






いつも応援ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


Date: 2011.11.15 Category: 水耕栽培 Comments (0) Trackbacks (0)

ネギの再生栽培に挑戦中。。

食いしん坊の私は、いかに美味しいものを食べつつ、食費を節約するかという事に、
日々ありあまる情熱を傾けています。

家庭菜園でもネギを育てているのですが、食べ過ぎて成長が遅いので、再生栽培で増やす事にしました。

ネギの再生栽培

とりあえず水につけて1週間ほど放置


再生栽培とは、買ってきた野菜の根の部分(ごみとして捨ててしまう部分)を水につけて育成し、
再び成長した部分を食べる事ができるという、なんともエコロジーでお財布にも優しい栽培です。


ネギの再生栽培

たくましい根っこ

普通は水の中につけておくだけでも成長してくれるのですが、しっかりたくましく成長させるため、
土に植え、あたかも種から育てたかのように成長させるつもりです(笑)


水耕栽培中の再生栽培

ふふふふ・・・楽しみだ


なんとも成長が楽しみです。大きくなったら味噌汁に投入しようと思います☆






いつも応援ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


Date: 2011.10.26 Category: 水耕栽培 Comments (0) Trackbacks (0)

おかひじきの水耕栽培

園芸ショップに野菜の種を買いに行ったときに出会った「おかひじき」
食べたことも見たこともなかったので、育ててみました!

おかひじき

おかひじきさん


水耕栽培でも育つんですね~。

ちなみに種をまいたのは5月ごろ…だったと思います。
水をあげ忘れたりしていたので、もう少し成長していてもいいはずなんですが、
防虫ネット+忘れず水やりでしっかり育ててからはぐんぐん急成長してきました。

どうも、おかひじきは塩で湯がいて、からししょうゆやドレッシングで頂くそう。
味見してみたくて、ちょっとだけ採ってみました☆

おかひじき

野菜サラダに混ぜてみました




お味のほうは、うーん…草っぽい?
海藻…とも言い難いし…シャキシャキとした食感が特徴かな。

どうも、おかひじきはカロテン・ビタミンC・カリウムを多く含んでいて栄養たっぷりらしいです。








いつも応援ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


Date: 2011.08.09 Category: 水耕栽培 Comments (0) Trackbacks (0)

家庭菜園始めました!


 今年はアンチエイジングの観点からも、「栄養」にこだわってみよう!と一年の初めに思いたったのですが、いろいろ食材を調べていくうちに、放射能や添加物も気になるし、安くて安全なものを手に入れるには、お取り寄せやなんやらで、お金がかかってしまう・・・

と悩んでいたのですが、それなら作ればいいって言うことに今更ながら気づき、没頭しているうちに、
ホームページの更新を忘れていました。


・・・で、気づいたらベランダがこんな感じになってました(笑)


プチトマトが繁殖中

プチトマトが繁殖中



上のベランダ菜園は、「いつでもレタス」さんを参考にした、水耕栽培で育てています!
元々面倒くさがりで、あまり手間もかけたくない私に、水耕栽培は最高の栽培方法でした。




大好きなモロヘイヤたち

大好きなモロヘイヤたち




土も使わず、室内で育成できて、水も無くなったら追加するだけですむので手軽なんです☆




室内のサンチュです

室内のサンチュです




室内にも増やしてしまいました♪
狭いスペースでも工夫すれば、沢山野菜が作れることが判明☆

しかも、室内の方が、虫が飛んでこないため、防虫ネットが不要で助かります。。

☆おすすめリンク☆
・いつでもレタス




いつも応援ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


Date: 2011.07.27 Category: 水耕栽培 Comments (0) Trackbacks (0)
本当に買ってよかったもの
→買ってみました!←


→レビューはこちら←

→購入1年後の感想←


→レビューはこちら←



→レビューはこちら←



Microplane ゼスター MP-012

→レビューはこちら←



工進 石油給油ポンプ EP-503F

→レビューはこちら←



iwaki ふりかけボトル K5031-BKF

→レビューはこちら←



→レビューはこちら←
→購入7か月後←

無水鍋 24cm
→レビューはこちら←

I'mD(アイムディー) RETTO ディスペンサー ホワイト RETDSW
→レビューはこちら←


Vitantonio バラエティサンドベーカー VWH-4100-W
→レビューはこちら←


月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。